最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for the ‘蕨高マラ屋「デリヘル情報館」’ Category

    レンコンデリヘル名産の蕨

    自分でも思いがけない切ないものが胸の奥から込み上げて来る、笑い流せない真剣な口調に、両親の目の前で困った表情の渡を見て風俗嬢みゆは後悔した。自分の心の状態を含めて思慮の無さを情けなく思った。只夢中だったのである…。風俗嬢みゆは「ごめんなさい」と小声で言った。場所柄を考えない、はしたない言動が渡に嫌われるかも知れない、と思うと涙が込み上げてくるのを抑える事がおえつも出来なくなって、鳴咽を漏らし、誰とはなしに一礼して一刻も早く身を隠すように二階へ上がって行った。あぜん思いがけない展開に両親共に唖然としている。父親がいかにもバツが悪そうに、「折角お越し戴いたのに、お恥ずかしい所をお見せし、赤面の至りです」と恐縮するのに対し、そんな面での世慣れしていない渡は、「大きく変った環境の中での一人暮らしや、ホームシックで少し参ったのでしょう、少し日を置いてから又、お伺いします、どうも御馳走様でした」と早々に退散したが、夜道、車を走らせながら、渡の目をジーッと見詰めなとろがらひたむきに心の内を吐露した風俗嬢みゆの事を思い出していた。蕨祭りの期間はあの瞬間、隠された自分の心の奥深くが揺さぶられる思いだった。いとい風俗嬢みゆが風俗愛しくもあhソ、泣き濡れた姿がいじらしくもあった。真の蕨 デリヘルについてしかし余りにも場所とタイミングが悪かった。だが充分にカバー出来ぬ自分が男として不甲斐無く渡は寂しく思って居た。泣きじゃくる風俗嬢みゆがフロントガラスに浮ぶ…。二日後、風俗嬢みゆから白い封書が届いた。手紙には思慮浅い行為のお詫びと、自風俗のプレイせつせつ分の心の中を隠す所なノ切々と書かれてあった。もしお許し戴けるならば今迄にも増した御指導をお願い致します、と有り最後に携帯のアドレスが小さく書かれてあった。例えば蕨よりは渡は早速、携帯に電話を入れた。「ハイ風俗嬢みゆです」と優しい声が流れて来た。

    Categories
    Bookmarks