最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for the ‘浦和高マラ屋「風俗情報館」’ Category

    ザリガニ風俗浦和

    私は今、Vサインを出しています」と頬を染めた。とら「お互い、心は結ばれていたのに、けじめに因われていたんだねェ、お正月にはこれからの事を御両親にお話ししたいと思うけど、風俗嬢みゆはどうかな」「ハイ、楽しみにしていますわ、都合を聞いて御連絡します」「うん、そうしてくれるかな、では又ネ」風俗嬢みゆはもっと長く話をしていたかった自分に、こら「私の方}」そ堪え性がないわ」と恥じらいを浮べながら、そっと頬に手を当てていた。風俗のプレイ門松が目立つ中を足取りも軽い訪問だった。よく言われる浦和 風俗などは玄間には母親と風俗嬢みゆがにこやかほほえささやに出迎えた。あれから一二日、風俗嬢みゆの爽やかな微笑みは、心の中の鳴きにも見える。ボーっと赤くなって、「明けましておめでとうございます。浦和マニアがいてお待ち致して居りました。さあ、どうぞ」と丁重な挨拶を受けて応接間に入ると、父親が立すすち上がり「さあ、どうぞ、どうぞ」とソファを薦めた。渡が姿勢を正して「明おうけましておめでとうございます、本日はお招き戴きまして」と挨拶すると、薦よう場に、「明けましておめでとうございます、今年もどうぞ宜しく」と挨拶を返しながら、「堅苦しい挨拶はこの辺にして、お母さん、風俗嬢みゆ、こっちに来なさい、おせちの準備は終ったんだろう」と声を掛けると、その声を待ち構えていたかのように二人が、いそいそと入って来た。そして改めて「明けましておめでとうございます」と挨拶するのを見て「御挨拶は一度目だろう、それよりもお酒と、おせちを頼むよ」と風俗嬢みゆ元日、風俗嬢みゆの家へすで和室には既に酒やおせちが並んでいた。

    Categories
    Bookmarks