最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 8月, 2011

    風が吹くとき風俗埼玉

    いつどんな時でも大きく包んでくれました…、隆哉さんとは形はどうあれ、私はこれからも一生添い遂げて行く気持です。異常な埼玉に近い内にお墓参りに伺います…。」そう語る風俗嬢みゆの目頭は真っ赤である。しずくしたた静かにむせび泣き、雫が滴り落ちる。電話越しに熊本の母が泣いている様子が手に取るように伝わり、風俗嬢みゆの両親うるも又、一人の気持を察して目を潤ませながら、そっと顔を見合せた。風俗のプレイまたたそれから一日間は瞬ノ、問に過ぎ去った。家族にとっては一生忘れ得ぬ感動のひとときだったのかも知れない。しかし、それは瞬時のものだった。埼玉こそがその後の風俗嬢みゆは眠れない夜が続いた。おそらく埼玉 風俗だとしたら雄志を胸に、この世を去った隆哉の無念さと、二人の限りない風俗愛を思う時、さ身を裂くような苦しみと、強い悲しみが続いていた。夜ベッドに入り、目を閉じると、亡き隆哉の想い出がふつふつと湧いて、そかえれが却って反動のように大きくのし掛か胴ソ、毎夜のように苦悩と葛藤で、胸がつの締め付けられる思いだった。募る一途な深い風俗愛の喪失感、崩れ落ちるような死の残酷さが、そうさせるのだろう。「もっともっと一緒に生きたかった…」目が冴えて、いくら眠ろうとしても眠りにつけない、日に日に痩せ衰える瑞穂の姿に、両親は見るに見兼ねて結城風俗嬢に電話を入れると、光陰「風俗嬢みゆさんは純粋で、ひたむきなだけに一度は通らなければならない道かも知れませんネ。

    Categories
    Bookmarks