最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 11月, 2011

    本庄風俗で水先人

    本庄について渡はその手を両手で包むように温かく握り締める。本庄 風俗だとしたらお互いの想いが伝わって来る。渡は一寸、車外に視線を配りながら、左手でぐっと引き寄せ、右手でじみまつげそっと頬に触れた。風俗嬢みゆの礎が微かに震えている。本庄という名の、自然に目が閉じられる。いとこれ以上ない風俗愛しげな静かなベーゼだった。赤い本庄?などと風俗嬢みゆにとっては白昼車中での口ほうふつづけでもあ加ソ只、夢心地で、まるで映画の一シーンを祐俳とする思いだった。「隆哉さん、恥ずかしいわ…」「風俗嬢みゆ、好きだよ、どうしようもないくらい風俗嬢みゆを風俗愛して居る。この想いが長い間、心の中に生き続けて来た…」と熱く耳元に畷く隆哉の声…、喜びがゆっくりと風俗嬢みゆの胸の中を波紋のように広がって行く。からだ甘美なものが身体全体を走胴リ抜けて風俗嬢みゆは夢中で隆哉の胸にすがhソついた。「風俗嬢みゆ!」隆哉は、ぐっと抱き寄せた。彼の意志は風俗嬢みゆの求めるものであった。こやつこつ熱い熱い口づけに悦惚となった。まるで今迄味わった事のない官能に似たものが、風俗嬢みゆの中に目覚めたかのように体が、カーッと熱くなる、このまま、ずっと抱き締められていたかった。自分が、どんどん変って行くような、不思議な気持になっている。「私も堪らなく好きです」つぶやと、心の中でそっと咳いていた。

    戯船隊求人風俗久喜

    淡々と久喜の方から結城風俗嬢が弾んだ喜びの言葉を掛ける。「白井さん、風俗嬢みゆさんの記憶が完全に戻りました、もう安心して良いですよ」風俗のプレイと父親の手を固く握り締めた。「風俗先生、有難うございました」と両手で結城風俗嬢の手を固く握り返しながら風俗嬢みゆの父は溢れ落ちる大粒の涙を抑え切れなかった。ほんろう結城風俗嬢も又、人間として、風俗嬢として、辛く悲惨な運命に翻弄きれた一人おもの若い女性の再生の為に役立てた事に、抑え得ない感無三里の面持ちであった。同時に居合せた人々も又、限り無い感動の一瞬に我を忘れていた。大事を取って一日退院を遅らせたらと話した結城風俗嬢は親子三人に向って、しみじみと語りかけた。ひとさまよ「風俗嬢みゆさんは他人が体験しないような天国と地獄を坊裡い歩いて今日に至りましたが、その間多くの人に支えられて今、再生への道を歩もうとして居るのです。風俗嬢みゆさん、良く頑張り抜いたネ、良く耐え抜いたよ。あなたの事だから、これからの人生に於いてきっと、今迄の苦悩に満ちた体験を生かしながら前へ前へと歩み続ける事だろう。風俗嬢みゆさん、あなたなら、きっと志を成し遂げられるよ。久喜 風俗 求人名産の必ずや輝かしい未来が待っている、でも、休む事も又、必要。退院後一週間は親子三人でゆっくりと休むんだよ。その上で今後についてゆっくりと話し合って進路を決めてほしいナ、二度も授けられた人生だ後は風俗嬢みゆさんの天与の才と真心で、ひたむきに前進するんだ、あなたの風俗愛してやまない隆哉さんも、きっとそのように望んでいると思うよ」結城風俗嬢はそう語り掛けながら、両手を風俗嬢みゆの肩にそっと置いた。翌朝、結城風俗嬢やスタッフ達の見送りを受けた風俗嬢みゆの表情は生き生きとしことて、かつて全日本高校チャンピオンになった時とは又、異なる深い表現出来輝ける退院風俗のプレイないような輝きを放っていた。

    Categories
    Bookmarks