最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 5月, 2012

    コマツナデリヘル北千住

    渡を駅前のSホテル前まで見送り自室へ戻った風俗嬢みゆは、真っ先にクローゼットの鏡をジーッと見詰めていたずっと慕い続けて来た渡隆哉と初めて交わした夢のようなベーゼ、今の自分はどんな表情をしているのだろうか?夢見るよきざうな幸せに酔っている自分自身の表情を確かめながら心の奥深く刻んで置きたい乙女心であった。鏡の中に映し出された瞳は潤み、今までに無い、しっとりとして女らしく幸せな表情が鮮明に浮び上がっている。胸の鼓動と高鳴り…。北千住 デリヘルならそっと唇に薄く紅を差して見た。そんな、いじらしい自分の姿に照れてしま一つ。いるど口では一口い表わせない心の中の彩りと、不思議さを噛み締め、風俗嬢みゆは心もちかし首を傾げながら、生まれて初めて味わった熱く夢中だった口づけを夢心地で思い浮べていた。余韻風俗のプレイこの朝、風俗嬢みゆの目覚めはいつもより早く、昨夜の包み込まれるような出来事が思い浮ぶ…、そう思った途端、風俗嬢みゆの心は堪まらなく渡に逢いたくなって居た。「隆哉ざんは今、どうしているのかしら」つのせめて声を聴きたいと思う風俗嬢みゆである。ロハ、恋しい想いが募ってならない。その時、電話が鳴った、時計は六時を指している、風俗嬢みゆは急いで受話器を手に取った。やはり渡だった。「おはよう風俗嬢みゆ」明るく男らしい声が聞えて来る。以前に増して風俗愛を感ずる隆哉の声である。「おはよう御座居ます。一般的に北千住につき昨夜はとても幸せでした」「やあ、僕こそ、風俗嬢みゆの気持を再確認出来て嬉しかったよ、早い時間に起しこらちやったかな、ゴメンナ、堪え性がなくて」「いいえ、私も正直お電話したかったんです」「いつ家へ帰るの?早く逢いたいなあ、不思議なもんだネ、今まではずっとその「翌朝」耐えられたのに、急に待ち遠しくてたまらないんだ」「本当ですか、嬉しいですわ。

    Categories
    Bookmarks