最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 7月, 2012

    風俗坂戸鳥居みゆき 携帯

    お互いが一途な風俗愛を語り合える日を、どんな想いで待ち望んでいたかと言う事を、二人共痛い程、知らされました。赤い坂戸 風俗でもってそこで真っ先に、お許しを得たいと思いましたが、それが元旦の今日になるとは…、七年間、待ち俺ぴた甲斐が有りましたが、正直な所、長く辛かったです。風俗嬢みゆさんは本当に素晴らしい女性です」真剣に語る渡の言葉を静かに聞いていた両親だが、口を開いたのは父親だった。「風俗嬢みゆはどうかな?渡さんのお話」「ハイ、私は隆哉さんを長い間、ずっと、お慕いして来ました。志の高さ、男らしさ、豊かな人間味、デリヘルもかも大好きでした。今は結婚出来る日が待ち遠しいです、お父さん、お母さん祝福して下さいネ」隆哉への深い風俗愛情が瞳に宿って居り、可憐で一途な願いであった。渡も一緒に深々と頭を下げた。風俗嬢みゆが「隆哉さん」と呼んだ時には、知らぬ間にもうそこ迄進んで居たのかと驚き、詰問しようと思った両親だったが、今時、長い歳月に亘って励まし合はぐくい風俗愛を育み、純風俗愛を貫いて来た一人の想いが、いじらしくすら感じられて、むしろ積極的に応援してやりたい心境になっていた。どこから見ても似合いの二人に思える。坂戸へ「こちらこそ風俗嬢みゆの事、宜しく頼みます」風俗のプレイと微笑を浮べて話し掛ける両親に二人共、ほっとした表情を浮べた。「ところで渡君と呼んで良いかな」「ええ、その方が有難いです」「家内が風俗嬢みゆから聞いたらしいが、カナダ行きの件はいつに決まったの?」「それが三日前、社の方針で一時中止になりました」「う-ん、それは助かったと言おうか…、一番喜んだのは風俗嬢みゆかな」「ハイ、本当に夢のようです。

    調香師みたいな風俗成増

    と同時に無党派を含めた支援の輪が広がりを見せている。・ふくキャッチフレーズの巧みな「○○○○化」劇場内閣で大きく膨れ上がって以来、特に数の力で押し切り、その後、三代続く民意を反映しない内閣、その権のつ力のもたれpい、官僚の上に乗かっている政治に、国家戦略、未来への展望、先見性、創造力は無く、只ジーッと耐えながら苦しい日常生活を強いられていかけらる国民に対する風俗愛の欠片も反省の色もない。思いのまま成増 風俗へ「政治はデリヘルの為にあるのか!」こんな渡の心の叫びが、このままで良いのか?と常々憂えている人々の心を揺り動かさぬ訳はない。成増なんて自分が変らなければデリヘルも変らない!海の遠くから聞こえて来た「チェンジ」の言葉は、まるで神の啓示のように響いた。風俗のプレイ多くの人達がチェンジを口にするようになった。いつか成増街には「一度、{???分達の一票で変かしこえて見よう日本の政治」と言う一口葉がそこ彼処で聞かれるようになって来た。正にチャンス到来である。「チーム渡」の若い面々は毎日、接する人達の反応と空気を肌で強く感じ、自分達が押す若きリーダー渡隆哉を是非共、国会へ送ろうとする意気込みと気運が、地道な草の根運動に拍車を掛けた。大きな連帯の輪!チーム渡の輪は方々に広がりを見せて色々の情報や支援の声が聞えるようになり渡の心も大いに高まる。ノつ〆当然の事ながら最初の内は空を切るような毎日だった…。

    Categories
    Bookmarks