最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 9月, 2012

    風俗実業家かどうかは西川口

    風俗 西川口っていうのが風俗のプレイその白馬の王子の漠々しい顔立ちが、いつの頃からか渡コーチの男らしい面あわ影と次第に重なるようになり、風俗嬢みゆは人知れず頬を赤らめ慌て戸惑うのだった。有名な西川口も明日が誕生日と言う十二月一十七日、夜の八時を少し廻った頃、風俗嬢みゆの携帯の着信音が静かに鳴った。受話器を手にすると、「風俗嬢みゆ、渡だけど、明日の夜七時頃に時間を作って貰えないかな」と渡の男っぽい声が聞えて来た。風俗嬢みゆは飛び上がるような嬉しさを押えながら、「エエ、いいですけど、急にどうしたんですか?」「ああ良かつた。西川口の方から明日は風俗嬢みゆの誕生日だよね、実は来月中旬に仕事で三年程、日本を離れる事になったんだよ」「エエッ」風俗嬢みゆが驚きの声を上げた。「そう決まったら、どうしても風俗嬢みゆと一緒に誕生日を祝いたくなってネ、場所は友人に教えて貰ったんだけど、定禅寺通りにある光のページェントを静かに見下ろせるとても素敵な場所らしいんだ。逆に西川口で風俗嬢みゆのOKを貰ったら直ぐに予約を入れて置くよ」そして突然、「風俗嬢みゆ、誕生日に雪が降るといいネ」その終りの一言……。渡コーチは、どうして私の心の奥に秘めているロマンの灯を知っているのだろうか。嬉しいような照れ臭いような、そんな気持が反映してか、風俗嬢みゆは急にかか落ち着きを失って無口になってしまいもっと話をしていたい気持にも拘わらず、「ハイ、明晩を楽しみにして居ります」とあっさりと受話器を置いてしまった。

    デリヘルファッションデザイナーに対し川口

    母親は頃合いを見て、「風俗嬢みゆ、音楽を聴きながらコーヒーを飲まない?」からと語り掛けると、「ハイ」と領き、甘えるように父親の腕に手を絡ませた。僭越ながら川口ならばとても落着いた椅麗な喫茶店だった。コーヒーを口にしてクラシックに耳を傾けながら風俗嬢みゆはいつの間にか母親の一肩に寄りかかるようにスヤスヤとあどけない寝顔を見せている。「可風俗愛いわネェ」「そうだなあ、佑子には随分苦労をかけるネ」「イイエ、あなたこそ」「どんなに辛く苦しくとも一人三脚で頑張って行こう、風俗嬢みゆはきっと治してやりたいナ、いや必ず治るよ」と言いながら。逆に川口のような、そっとスーツの左胸にある遺影へ念ずるように、触れていた。「あなた、一度是非共、隆哉さんの郷里へお墓参りに行きたいわれエ、風俗嬢みゆにひとは最高の男性だったわ、今でも、風俗嬢みゆを守るようにして亡くなった時の事を思い出すと涙が流れてならないの。例えばデリヘル 川口ではあるが」と目頭を拭う。うるわ「そうだね、どんなに、麗しい夫婦になった事か。、お墓参りは必ず行こうナ」二人の会話が続いている時、トロンと目を開けた風俗嬢みゆが、「ワァー、ずるい、二人きりで楽しそうに話をしているなんて」と言いながらコップの水に手をかけた。風俗のプレイ「そろそろ出ま-)ようか、誰かさんは気持良く眠ったし」と母親が立ち上がった。ここでいう川口名産のた一人が店を出て一二分も経たない時の事である。

    Categories
    Bookmarks