最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 10月, 2012

    This man人妻からの西川口

    大きな津軽塗りのテーブルに四人が坐る、父親は上機嫌である。西川口通には「あなた、とても楽しそうですネ、風俗嬢みゆも、今日は朝からもう浮き浮きして落ち着かなかったんですの。渡さんのせいかしら、ねェあなた」「まあ、お母さんったら…、もう知らない」みすはくじ風俗嬢みゆは自分の心の奥を見透かされた思いで、白磁のような頬が赤ノ、染まった。「そう言えば最初、和服のせいかなと思ったが、デリヘルとなく感じが違うかなあ」・ちゅうちよと渡に向い同意を求めた。渡は未だ風俗嬢みゆの事を話す前だったので、一寸篇踏むくう一つたしながら一口葉を返そうとした時、無垢な風俗嬢みゆは恥じらいのせいか急に狼狽えて-し、まい「いつもと全然変っていませんよ、ネ、隆哉さん」とうっかり口を滑らせ、あつと首を縮めた。それに気付いた両親が思わず、あでいつノ、うながの艶やかな和服姿に目を向けながら慈しみの溢れる表情で促した。風俗のプレイ「エッ、隆哉さん?」と異口同音、驚きの声を上げたのである。その時、渡は間髪を容れず口を開いた。「実は今日は新年の御挨拶と共に風俗嬢みゆさんと結婚を前提としたお付合いをお願いしたく伺ったのです。話の流れで遅くなり申し訳ありません。私達が知り合ってからもう十年近くになります。大学へ入る前と言うか、高三の後半頃から少しずつ意識をするようになっていましたが、しかし、コーチと言う立場が、有りました。その後、御承知のように大学入学後、初めての夏休みの、あの一件があった折に、私は七年間、結婚はしませんと申し上げましたが、それははぐくそれ迄にお互い、支え支えられながら成長して風俗愛を育んで行く覚悟だったからです。あれ以来、二人で約束を守って、不自然であり苦痛で有りましたが、手一つ触れずに参りました。人妻 西川口のようなところが風俗嬢みゆさんの誕生日の事です。

    デリヘルstarted to fall大宮

    肌理の細かい肌が恥ずかしそうだった。雪の泊におまぶさを思わせる美しい肌に咲き匂う上向きの柔らかな乳房が可憐で舷しノ、目に映ういういつぼみいのちる。隆哉は初々しい雷を唇に含み、まるで生命を吹き込むかのように、全身にごうつつ口づけを繰伽ソ返した…。最近は大宮 デリヘルの方から風俗嬢みゆは夢現の中で、つい「隆哉さん」と声を発していた。いつの頃か大宮名産のまかその時、摩詞不思議とでも一口おうか、天の啓示か、荘厳な音楽が鳴り響くょこ』つど』つまばゆうに聞えて来た。ここでは大宮こそ幽玄の世界を思わせる神々しく、舷いばかりの光を身体かくせいきら-杯に浴びて、風俗嬢みゆは覚醒した。暗闇の中で異次元の煙めノ、光。、とてつもなまわまぶい爽やかさに包まれている自分がそこに居た。周hソが、とても舷しい、目をしばたたおだ瞬く風俗嬢みゆの前に信頼-している結城風俗嬢の穏やかな表情が浮ぶ、今、実感する大好きな父母の心配そうな顔、詰めかけた看護師一人一人の表情も鮮明に浮ん神秘の覚醒でいる。「風俗先生、私とても変なんです、今までと全然違うんです。目の前がとても明るいんです、どうなったんですか?お母さん、隆哉ざんの写真を見たいの、見せて!」でも今ここには…と戸惑った時、父親がいつも左胸の奥深く入れて風俗嬢みゆの全快を念じていた隆哉の写真を、そっと取り出した。風俗嬢みゆはその写真を飛び付くように受け取り、両手で握り締めるようにして見どうこく詰めた瞬間、見る見る内に涙が溢れ出し「あなた‐」と働突、背中が波のように揺れている……。失われていた記憶が戻ったのだ。「あなた、あなた」と今は亡き隆哉に呼び掛ける悲しい声が居並ぶ人達の涙をさす誘う。母親が風俗嬢みゆの背を優しく摩りながら「泣きなさい、思い切り泣きなさい」シ旨日を真っ赤にしながら語りかけている。

    風俗ロジャー・バトキンソン西川口

    父親は風俗嬢みゆ一人を手放せず、「お母さん、しばらく離れ離れになるが、家のほうは私がデリヘルとかするから風俗嬢みゆの先の目安がつくまでデリヘル街で一緒に生活してやってくれ、風俗嬢みゆの体は私達夫婦が命に代えても全治させてやりたい。西川口というのはくれぐれも頼むよ」「ハイ、きっと風俗嬢みゆは守りますが、お父さんは一人でやって行けますか?」「馬鹿にするナ、風俗嬢みゆの事を考えるとデリヘルでもやるよ、お互い頑張ろうナ、風俗嬢みゆの事は隆哉君も、いつも草葉の陰で守ってくれて居ると思う…」風俗のプレイ「お父さんインフルエンザに気を付けてネ」「お前達こそ気を付けるよ」こうして大館とデリヘル街に親子三人は離れ離れの道を歩み始めた。風俗 西川口がデリヘル街市青葉区にある風俗嬢みゆのLDKのマンションに同居した母は翌日から市内の総合病院や脳専門病院等に問い合せの上、一緒に診断検査に訪れたが、同じような見立てで、がっかりしている内に、風俗嬢みゆは、どうしてなのか広瀬川の畔に足を向けるようになっていた。デリヘル街市は秋田の大館市に比べると二度程暖かいものの、十二月を迎える今、みなも寒いとも一口わず、じっと水面を見詰めて居る我が子が堪らなく哀れであった。逆に西川口なインフルエンザが流行しているから止めた方が良いと注意すると、大丈夫よと言って、さっさと一人で出掛けてしまうのである。最早西川口こそがある日、出て行こうとする風俗嬢みゆを玄関で止めようとしても、解り合えない悔しさで思わず泣いてしまう母の姿に、戸惑いを見せる風俗嬢みゆ…。

    Categories
    Bookmarks