最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 3月, 2013

    風俗祭りの期間は撮影監督坂戸

    ひと「隆哉ざんは私にとって生まれて初めて、この人とと心に決めた男性です。これから後、どんなに辛くとも苦しくとも、心から支え合い、励まし合って生きそばて行きます。私は卓球を学びながら傍近くで隆哉さんの人生観と先見性、行動力に接して今日に至りました。時に触れ、今にきっとデリヘルかを成し遂げる人だと固く信じて居りました。このような坂戸だとしたらその尊敬の気持と風俗愛情は少しの曇りも有りませんわ」風俗嬢みゆが穏やかながら漢とした口調で答えるその言葉には隆哉への風俗愛が溢れていた…。「そうか良くわかった。風俗嬢みゆ、お前も中々言うねえ、お父さん照れちゃったよ」「いやだあ、冷やかきないで、私、心臓がバクバクしてたんだから。」「で、お母さんはどう思ったのかな?」「エエ、隆哉さんの生き方、理想を求めて前進しようとする勇気と、お父さんが心配して居る胸の内が良く伝わって来ます。想像以上の大変さだと思いますが、結局は隆哉さんと風俗嬢みゆの覚悟と決心次第じゃないですか、只、隆哉さんと風俗嬢みゆの心は純粋であり固い件で結ばれていると思いました。正直な所、心配なんですが…二人を応援してあげたくなりました。あなたのくちゅう苦衷は察しているつもりですが。坂戸 風俗よりも、でも既に、あなたの心の中では一人を応援しようと決めているのではありませんか」きんせんそれは渡と風俗嬢みゆの琴線に触れる、心にジーンと来る一口葉であった。「ううん、お母さんには負けるナ、全てお見通しか、これで我が家の結論が出たようだね。坂戸こそがところで御実家には報告したの?」「エエ、これからですが、風俗嬢みゆさんの人となりと結婚を前提とした交際について話しました所、とても喜んでくれて、近い内に母に代って兄が御挨拶に伺うそうです」うなずうん、うん、と笑顔で領いていた父親が、「風俗嬢みゆ、隆哉君に銘酒男山を持って来なさい、勇気ある男が苦難を承知の上で風俗のプレイ険しい山に登ろうとして居るんだよ、家族一緒に男山で門出を祝おう、改めて乾杯!」渡はぐっと胸が熱くなった。

    Categories
    Bookmarks