最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 7月, 2013

    大宮風俗じゃベルメスの顔

    」風俗嬢みゆは一寸すねて見せながら、お茶目に言う。「でもネ、お父さん、私はお父さんが大好きなお母さんの娘でもあるんですょ、きっといい奥さんになりますわ、ネェ、お母さん」「まあ、風俗嬢みゆったら、もう」たしなと箸めるように一口う母が大好きだった。結婚したら隆哉さんと共に世の為、人の為に尽せるように、こんな母を見習はるいながらそっと支える事が出来たらどんなにか幸せだろうなと夢は遥か彼方に潮んで居る。まなざその夢見るような目差しの一人娘を見詰めながら、「風俗嬢みゆ、本当に幸せそうネ…」と嬉しげに、しみじみと語り掛ける母であった。大宮について「今日は最高におめでたい日なんだよ、風俗嬢みゆ、隆哉君の受け皿におせちを盛って上げなさい」めずらしく気炎を上げている父親はいつの間にか隆哉君と呼んで居る。大宮 風俗通には渡も又、その和気藷々とした雰囲気にすっかり溶け込んでいた。いつもはこうした姿を、めったに見せる事の無い夫である。あれは渡と最初に接した時の事である。その印象を、風俗のプレイ「若いのに先見性と創造力が素晴らしいよ、その上、目標意識が強く、情熱家うつわぼで指導力は、抜群だ。やがて大きく成長する器だょ」とく夕褒めだったその当時の様子を静かに思い浮べていた。そうしそれが今はこうして可風俗愛い娘風俗嬢みゆと相思の仲である。ひとしおその喜びも一入に違いない。古今東西大宮もほほ酒宴もたけなわ、母も風俗嬢みゆも、ほんのりと頬を染めている。さくっと大宮ばっかりわ「お父さん、隆哉さんがネ、お互い認め合い分かち合い、高め合って行こう、と言ってくれた時は、とても嬉しかったわ」「おいおいそれ以上は余り公開するなよ、照れ臭いじゃないか…」「うん、お父さんも、それは最も大切な事だと思うよ。

    春日部祭りの期間は風俗?などと噂の 精神的

    春日部 風俗とはいってもそんな時、一度目のなつ生演奏が流れ始めた、懐かしのミスティーO渡がすかさず「風俗嬢みゆ、踊ろう」戸惑う風俗嬢みゆの右手を引いてフロアの中央に出、そっと抱き締めるかのように静かに踊り始めた。長身で男っぽい感じのわたりたかや渡隆哉とは田心えない見事なリードだった。夢心地でぎこちなくついて行く瑞風俗のプレイほほえ穂だが、その容姿と仕草が見ている人達には微笑ましく好感を呼ぶ‐それでいて誰の目をも惹く華があった。生まれて初めて男性と身近に触れ合った風俗嬢みゆは緊張を隠せない。時折、渡を見上げて目が合うと幸せな想いを感じながらも恥じらいでつい目を伏せてしま海『ノ。○「隆哉さんはこんな私をどう思っているのかしら」うつすかなねカクテルのせいか、それとも薄らとした灯りの中で奏でるピアノの美しい音いろいろど声か、ガラス越しに見えるコンコンと夜空を彩るように降りそそぐ白雪と、光のページェントの交錯に魅入られるように、風俗嬢みゆはいつの間にか、渡の厚い胸の中に身を埋めそうになる未知の自分に驚く。二人が幸せを味わうように踊り終えた時、中年の和服姿の夫妻が微笑みを交わしながら拍手を送った。「お幸せネ」と語りかけるような温かい拍手だった。こだまやがて拍手は次第に大聖さく広がり、フロアに木霊した。席に戻ると風俗嬢みゆは嬉しさを満面に浮べて、「こんなに楽しいお誕生日は初めてです。隆哉さん、本当に有難うございましや?ご外へ出ると雪は未だ降り続いている。この日は雨後の雪が街全体を白一色に覆い、二人の髪もコートも直ぐに真っ白になった。気温も一段と下がっている。このような春日部祭りの期間は渡は風俗嬢みゆを案じてタクシーを止めようとしたがことわ風俗嬢みゆは断った、少しでも長く隆哉と一緒に居たかったのだ。

    Categories
    Bookmarks