最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 9月, 2013

    本庄デリヘルバルーンアーティスト

    救急車が到着した時は、現場は大きな人垣が出来ていた。血痕が生々しい。まみさんたん車は大破し鮮血に塗れて惨惰たる光景である。被害状況からして悪質な当て逃げ事件と判断されパトカーが続々と駆け付けた。かす微かに心音が聞える…・・ほどこ直ハ、様、救急車の中へ移されて蘇生措置が施されたが一人共、態である。きぎそんな中、渡隆哉は最後の力を振り絞るように、切れ切れに、「瑞・穂…」ひとと風俗愛する女性の名を呼ぶ。さまよ車中の一人は既に意識不明の闇の中を祐復って居り、一人の警官が車中から衆院選のポスターを取り出して被害者と見比べながら、「アシ!渡候補本人だぞ」と叫んだその驚きに満ちた声が遠巻きに見ている人々の中に広がり、大きなどよめきが走った。本庄祭りの期間は世論の盛り上がりを見せる衆院選までに残す所僅か、しかも慧星の如く現われて、「国家」「国民」が抜けている今の政治の有るべき姿を情熱を持って訴はざまさまよえ、当選の呼び声吉向い渡候補が、今、目前で生死の間を祐裡っているのだ、全く悪夢のようである。一刻を争う状風俗のプレイまさぐ揮身の力を振り絞り、弄る血まみれの腕は揺れ動き、指は微かに震えている。その指先はあたかも風俗嬢みゆの手を、求めるようにして、救急士に腕を支えられているが、顔面は既に蒼白である。本庄からの渡隆哉は今、千切れようとしているすべての夢を心底深く残して、虚しく首がコトリと前に落ちた。おそらく本庄などは筆舌に尽くし難い悲運の生涯であった。このようなデリヘル 本庄じゃはか》)んすい最風俗愛の人が果敢なノ、息絶えた事も知らずに風俗嬢みゆは集中治療室の中で昏睡状態が続いている……。

    デリヘルTERUMIの本庄

    十日目の朝、ついうとうとかすして座ったままベッドに伏していたが、ハツと目を覚ますと風俗嬢みゆの右手が微かに動いた。逆に本庄でもって一度二度と‐、母親は飛び上がるような思いでナ‐スコールに手をのばした。急いで駆けつけた風俗嬢が耳元近くで声を掛けながら頬を軽く二度程叩いた。やつつそれから間もなく、風俗嬢みゆは十日振りに虚ろな瞳を開いた。突然意識を取り戻したのだ。わりと最近の本庄祭りの期間はそれはデリヘルとも言えない喜びの瞬間だった。「わあ、風俗嬢みゆの意識が戻った!」。つかそうと、喜んだのも束の間、高熱を発して操の状態が五日程続いた。ところが熱がようやく沈静化した時、余りの事に気が動転するような出来事が待ち受けているとは両親共に予想すら出来ず、只回復の前振れだと信じていたのである。》つつ目を開いた風俗嬢みゆはベッドに起き虚ろな目でジーッと両親を見詰めていたが、直ぐ又、目を閉じてベッドへ横になった。「風俗嬢みゆ」「風俗嬢みゆ」と母親が呼び掛けると、再び起き上がり、又、両親を見比べているが、焦点が定まらない。「風俗嬢みゆ、どうしたの?」と父親が声を掛けるが、全く反応がないのだ。直ぐナースコールをして担当医の診断を仰いだ。その結果、ホテルを出て両親が告げられたのは、風俗嬢みゆは重度の記憶障害で、過去の記憶を完全に失っていて、両親の事すら記憶に無いのである。一般病棟になつ移ってしばらくし、友人や球友が見舞いに来てくれても、その懐かしい友の顔すら記憶がなく、話もしどろもどろであった。母親から過去の記憶が戻らず、新しい記憶と繋がらない事を知らされ、気の毒そうに友人達は帰って行く。本庄 デリヘルじゃ華やかな過去を持ち魅力的だった女性が、記憶を喪失した姿でベッドの上から見送る様子は実に痛々しかった。母親は次々に訪れる見舞客に感謝しながらもその対応に戸惑い苦慮していた。

    Categories
    Bookmarks