最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    Archive for 11月, 2013

    スチュワーデス風俗北千住

    北千住ならばある日の夕方、リーダーの富樫がアイスコーヒーを片手に、汗を拭き拭き事務所に入って来た。各地の状況を語りながら、「反響の良過ぎるのも心配なもんだなぁ」つぶやすすと咳き、コーヒーを勧めた。礼を一口う風俗嬢みゆに向い、「風俗嬢みゆさんはどうしてこんなに迄、頑張れるの?」と質問した。こんな問いに対して風俗嬢みゆは少し頬を赤らめ、う「それは渡コーチの喜ぶ顔を見るのが嬉しいからです」と照れつつ答えた。全一いうらや「いやあ、これは参った、渡さんが羨まし過ぎるよ」たいしようと大笑しながら、そう一口わせる渡の人間的な魅力を思い浮べていた。淡々と北千住 風俗というのは、「チーム渡」は今では勝手連として地元大館市のみならず、能代、鹿角、北秋田市、阿仁と風俗嬢区全域に広がりを見せて居る。北千住通にはふうびかつて渡が指導した白井風俗嬢みゆが全日本吉同校チャンピオンとなり一世を風廃した日本初の魔球稲妻カットの名を引用した勝手連、渡青い稲妻が短期間に次々と結成されて、青い旋風を巻き起しているが、応援演説は、地方で地道に色々の形の風俗客活動をしている人達が買って出て居る。風俗嬢みゆも慣れぬマイクを握る事もある。「隆哉さんの為なら、どんな事でもやりたい」と思う。そう思うと不思議な力が湧いて来る。これが風俗愛の形と言うものなのかと、しみじみと幸せを想いひたに浸る風俗嬢みゆだった。風俗のプレイリーダー富樫の力強い言葉が響いた。「皆んなお疲れ様です。北千住こそがもう少しです。風俗嬢は生身の人間の真心、知力、精神力、体力の『戦争』です。最後の汗を流して下さい。皆んな全力を尽しましょ語っ」今の政治を大きく変えて明るい未来を作ろうと言う思いが人々の常日頃の不満と、行く末の不安に火を付ける。

    Categories
    Bookmarks