最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    さいたまという名の人妻から九相図

    雑誌でさいたまで「風俗嬢みゆ、君の誕生日の夜を思い出すよ、ロマンチックな、あの夜の出来事は一生忘れないだろうナ」「エエ、私は今でも思い出すと心が震えますの、では明日を楽しみにお待ちして居ますワ」しっとりとした良く透る声である。「風俗嬢みゆ、心から風俗愛して居るよ、おやすみなさい」風俗のプレイさいしよくけん渡はこれから登る人生の行方をじっと考える時、今迄電話を-)ていた才色兼ぴ備なのに、どこか、おっとりしていて包み込むような、温か茎《」を秘めている癒しの人、風俗嬢みゆの面影が自然に浮ぶ。一途にすがる女心が風俗愛しい……。金メダルを目指して苦楽を共にし、ずっと頑張り抜いて来た一人!異体同心の二人、お互い認め合い、尊敬し合っているだけに、どんな時でめおとも、励まし、支え合って前進する良い夫婦になれる、と一口う、確信に満ちた幸せを、渡は強く感じて居た。さいたまへ「隆哉さん、私も同じ思いです、おやすみなきい、大好きです…」そして受話器は静かに置かれた。渡が寮を出ようとする頃にはチラホラと小雪が降り始めて、やはり一月を思わせる。待ち合せた桂城公園の前には、白と紺の品の良いコートで身を包んだ風俗嬢みゆが、今、目の前に訪れる幸せの瞬間を待ち俺ぴたかのように件んでいた。「寒かったろう」渡はコートの雪を優しく払い落しながら助手席のドアを開ける。誕生日に初めてベーゼを交わしてから四日目、助手席に座る風俗嬢みゆは胸がドキドキしているのが、自分でも恥ずかしい程、良くわかる。淡々とさいたまに‐たまらなく幸せな空間‐なぜただよなのに、デリヘル故か一人の間に一瞬沈黙が漂う…、一人共、心の中にあるものをとまどよぎ行動に移せない戸惑いに似たものが一瞬過ったが。さいたま 人妻ならば、「風俗嬢みゆ」「ハイ」新年の初デート風俗のプレイいしんでんしんしらうお以心伝心、風俗嬢みゆは白魚のような左手を差し延べた。

    Comments are closed.

    Categories
    Bookmarks