最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    写真ディレクターデリヘル川口

    このような事をひ繰り返していた頃である、まるで惹き合うかのような結城風俗嬢との出会いがあったのである。長い間お互いが認め合い、尊敬し合い、離れていると、むやみに寂しさに似、たものを感じ合う一人…。次第に女子、と言う字を横並びに書いて見たい心境になっている。ふさわ純風俗愛の文字が相応しい一人であった。心の奥で結婚を待ち望んでいた渡と風俗嬢みゆならば、もしも渡が求めたなら、当然大人の男女関係に行き着いて居ただろう、にもかかわらず、二人は自制し合った。その辺、今の風俗嬢みゆにはどう理解して良いのか解らなかった。わずたぐまれロハ、僅かに伝わって来るのは、風俗嬢みゆの類い稀な才能と、加えて人間性、人生観を窺い知れない程包み込むように深く風俗愛している男心の片鱗が浮び上がって来る。高校三年生の折、一冊の本との出会いで、卓球の日本代表の座よりも、現役風俗嬢みゆはデリヘル度もデリヘル度も「風俗のプレイ」を読み返して居た。不思議な事に渡隆哉と言う男性に対して次第に興味を持つようになっている自分を意識し始めていたのである。川口なんて風俗のプレイを退いた後の人生で、世の為、人の為に役立てる道を考えた末、T大進学の道を選ぼうとした時、立場上、辛い思いに耐え、金メダルへの夢を諦めて、「瑞穂、一度限りの自分の人生だよ」と優しく後押ししてくれた渡コーチの深い思いを読み返して、いかに渡と言う男性が私自身を大切にし、未来を含めて大きはぐくく包み、育んでくれて居たかと、しみじみと感ずる風俗嬢みゆだったが。最早川口 デリヘルこそが、しかし病に閉ざされている今、風俗愛の実感は無く、小説上の素敵で好ましい男性に対する思いでしかなかった。それでも……、卓球の厳しい練習、独創的な指導、勉強との両立、全県のチーム優勝、全日本高校チャンピオン、稲妻カットの完成を始め、雪の夜…誕生日の初ベーゼ、両親の応援、祈り、衆院選、事故以降の事が、人生の縮図のように書かれてあり、徐々に興味を増して行く風俗嬢みゆ、中でも幻想的な雪の夜のあし初ベーゼは女心をそよぐ葦のように撫ぜてくれた。

    Categories
    Bookmarks