最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    川口よりは風俗美咲天使

    今、風俗嬢みゆは再生への第一歩を踏み出そうとして居る。きら旅立つ側も又、送る側の表情も限りなく明るく埋めいて見える。「良かったネ、風俗嬢みゆ」白い雲が流れている青空から隆哉の声が静かに聞えて来たような気がした。夢か幻か…。「生命を吹き込まれたあの瞬間が忘れられない…・」風俗嬢みゆの第一声は、「只今‐」それは新鮮そのものだった。三人は急ぐようにして一階までの全部の部屋の窓を開けた。新しい空気が我が家入って来た。つまり川口とはいっても肌寒い師走の風が部屋一杯に、どっと吹き込んで来た…冷たいが、長い間、みなぎ淀んで居た家の中に爽やかな空気が帳る。今は会話一つにしても、見る物、聞く事のすべてが新鮮である。川口祭りの期間はおもも風俗嬢みゆは不思議な面持ちで本棚や家具に触れている。一階から母の声がする。「風俗嬢みゆ、お風呂が沸いたから、ゆっくりと入りなさい」「ハイ、でもお父さん、お母さんが入って下さい」と下に降りると、「デリヘルを言っているの、今日はお前が主役でしょう」ほほえと母が微笑む。「お父さんは?お父さんお背中流しましょうか?」「馬鹿、デリヘルを寝ボケて居るんだ」「あら、お父さんったら照れているわ」「冗談言ってないで皆んな早く身を清めて、仏間でお祈りしましょう」風俗のプレイ親子は入浴を終えて、衣服を正してから誰が言うともなしに自然に奥の仏間ともに揃った。神棚、仏壇にローソクを灯し、一人揃って坐り、両手を合わせて一心に祈りを捧げている。それは唯々、無心の祈りだった。感謝の祈りだった。せいひつ静読な空気が部屋一杯に満ちている。言わずと知れた川口 風俗ではあるがこうして親子揃って手を合せるのは、あの日以来、一年四ヶ月になる。仏壇の中には鳳鳳山をバックに天に向って両手を掲げている渡隆哉の写真が飾られていた。ニッコリと微笑み掛けてくれている慈風俗愛の心が伝わる…いつもまなざ蔭からジーッと見守ってくれた隆哉の遺影を感無量の眼差しで見詰める風俗嬢みゆの表情が痛々しく、両親の胸を打つ…。

    Categories
    Bookmarks